北のまちでEセターと

関東で保護され北海道へやってきたEセターのボリジとつららちゃんの記録

張りきるつららんとと鬼平ツアーレポート  

雪もすっかりなくなって道も広くなったし滑ることもないので、またボリつら一緒にお散歩に行けるようになりました。お散歩にかかる時間が半減し、少し楽になりました~。気温も上がってきてお散歩には良い陽気です。
一緒に散歩2
ボリが先にお散歩に行っている間待たなくてよくなったつららちゃん、時間になると「さ!行くわよ!」といった感じで玄関前で待機します。
一緒に散歩5
そして帰ってくると、「オレがオレが・・・。」
モエレ散歩5
「私が私が・・・。」
モエレ散歩6
「んじゃ、一緒に。」
モエレ散歩4
重いっす!



いつも応援ありがとうございます。
↓今日もポチッとよろしくお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ
にほんブログ村
先週行ってきた「鬼平ツアー」は夢中になり過ぎて写真をあまり撮れなかったのですが、ちょこっと書いておこうと思います。
鬼平4
墨田区観光協会主催のツアーなので、吾妻橋観光案内所に集合してスタートです。「押上村コース」というのに参加しました。ガイドさんと回ったのはこんなところです
①吾妻橋(大川橋)②如意輪寺 ③中之郷瓦町 ④源兵衛橋 ⑤さなだや ⑥みめぐりの土手 ⑦三囲神社 ⑧常泉寺 ⑨業平橋 ⑩中之郷横川町 ⑪西尾隠岐守屋敷 ⑫春慶寺
鬼平5
門前に五郎蔵の盗人宿があった如意輪寺。
鬼平6
岸井左馬之助の寄宿先、春慶寺。
鬼平7
ドラマで左馬之助を演じた江守徹揮毫の碑もあってびっくり!
鬼平8
写真がこれしかなくってこれまたびっくり!

いちばん感慨深かったのは、業平橋から横川あたりです。横川は「本所 桜屋敷」でおふささんが船で嫁入りのため下って行った堀割りです。平蔵と左馬之助はその姿を茫然とみおくったのでしたね。ガイドさんの説明を聞きながら、平蔵と左馬之助の姿が目に浮かぶようでした。まるで実在の人物のような気がしてきました。

最後には押上で夕飯をいただきました。「押上 よしかつ」というお店で、ここは東京産の食材にこだわって料理を作っているお店なんだそうです。「鬼平犯科帳」の作品中に出てくる料理を再現してくださいました!うれしい!!

①香の物 ②葱入り炒り卵 ③空豆の塩茹 ④餡かけ豆腐 ⑤鰹の刺身(溶き辛子の薬味)⑤鯉の洗い(酢味噌)⑥葱と蜆の剥き身の酢味噌和え ⑦鴨と葱焼き ⑧鶏味噌をかけた茄子 ⑨二八そば ねずみ大根のおろし(今回は練馬大根)
鬼平2 鬼平 鬼平3
帰ってから自分でも何品か作ってみました。左から葱と蜆の剥き身の酢味噌和え(浅利バージョン)・鰹の刺身 溶き辛子添え・鶏味噌の茄子(豚味噌バージョン)。

あ、もちろんお酒もでましたよ。冷でね!最後のお蕎麦が嬉しかったよ~。さらに「軍鶏鍋」があったら感涙ものだったと思われます。それは贅沢か!


また訪れてみたいものよ。
スポンサーサイト

category: つららちゃん

tb: --   cm: 6

コメント

No title

二人ともプロフィールの写真と比べると、大人っぽくなりましたね!
もちろん時間が経過しているわけだから年はとるけれど、
そんなんじゃなくて、すっかりボリつら家に馴染んだって感じで感涙ですe-266

よござんしたねぇ~、鬼平ツアー!
お料理を再現されされた所がまた一興e-420
今私の頭に流れている曲がなぜか「大江戸捜査網(もちろん杉良編)」♪

Noel's mom #WpoMPLB6 | URL
2013/04/24 16:19 | edit

No title

「かまわぬよ。おりゃな,こうしたところで呑むのが好きなのだ・・・うまかったぜ。」「おぅ,この女にも一本つけてやれ」ってな〜!!!
かっこいい〜!


鬼平ツアーってタイトルにあるのに記事がないと思てったら「ポチ」の下でしたね。
今までも何か読み逃してるかも・・・爆

hanabiota #- | URL
2013/04/25 13:07 | edit

No title

東京下町はいつ行っても風情があって良いですね。
池波正太郎が路地裏からふらりと出て来そうです。
鬼平犯科帳というより 池波正太郎文学の中身の料理が大好きです。

ゆずまま #- | URL
2013/04/25 23:03 | edit

No title

ボリツラちゃん、
春になって嬉しいのお顔に出てるね♪

私も日帰り上京してきましたー
私のは味気ない病院巡りツアーだったけどwwww

池波正太郎って
食通で有名でしたよねー
私も鬼平より、そのイメージです^^
「鍋は2品以上入れたはいけない~」
みたいな事言ってたなぁ~☆

レイまま☆ #- | URL
2013/04/26 18:11 | edit

No title

「鬼平ツアー」なるものがあるのですね。
日帰りはもったいない気がしましたが、
楽しめて良かったですね。

BJAmom #- | URL
2013/04/26 20:33 | edit

コメントありがとうございます!

Noel's momさま
そう?毎日見ているからあまり感じませんが、
なんだか嬉しいです(*^_^*)
ツアーでは「札幌から来ました」といって
他の参加者さんを驚かせてきましたヨン。
江戸時代の料理ってヘルシーで美味しいということを実感いたしました!

hanabiota さま
鬼平ってさ、弱い立場の人に優しいんだよね。
あまり出てきませんが、ワンコに向けられる目も温かい。
「追記」のポチが分かりにくくてすみません!
ペットブログなのでちょっと遠慮して書いてみました。

ゆずままさま
ツアーでは吾妻橋を歩く池正さんの写真を見せてもらったりしましたよ。
鬼平は作品中のお料理が本当においしそうに描かれていますよね。
江戸後期の文化についても色々勉強になることも多くて、
本当に奥が深いです(^^)

レイまま☆ さま
日帰り上京、お疲れさまでした~!
通院のためだったんですね。
私より理由の説得力があると思います(^_^;)
そうですね、鬼平の中にもお料理が本当においしそうに描かれていて、
さすが食通の作品だと納得させられます。

BJAmom さま
はい、本当は妹のところに泊まりたかったのですが、
キャンセルが出て急きょ参加することになったため
ボリつらのことが手当てできず止む無く日帰りに(T_T)
でも思い切り楽しみましたよ(*^_^*)

ボリ母 #AtpDG70I | URL
2013/04/26 20:49 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ