北のまちでEセターと

関東で保護され北海道へやってきたEセターのボリジとつららちゃんの記録

心配性  

大好きなのに読めない本があります。
それは、まんが家大島弓子さんの「グーグーだって猫である」の第6巻です。(この後ネタバレあります。)

ご存じの方も多いと思いますが、大島弓子さんはサパという猫を亡くし激しいペットロスに落ち込みました。それを救ったのが偶然ペットショップで見つけたグーグーという猫でした。グーグーと暮らすことで大島弓子さんは癒されていきます。時が経ちそのグーグーもまたこの世を去ったということが「グーグーだって猫である」第6巻に綴られているそうです。


わたしもふくの前に飼っていた犬を亡くしたとき、とても落ち込みました。まだペットロスという言葉のない時代でした。ペットを亡くしてつらいということを周りにもあまり言えず、一年間くらい一人になるとこっそり泣いていました。



最近、ふくが10才になってからふとそのときのことを思い出すようになりました。
心配性
(開脚)


ふくがいない生活を考えると怖くてたまらなくなります。
心配性2
(スヤスヤ)


またあんな思いにわたしは耐えられるのでしょうか?
心配性3
(じゃま!)



先日ボリ母に「わたしペットロス予備軍になっちゃった。」とメールをしたら、ボリ母から「今のふくとの生活を大切にしよう。わたしもボリとつららんの生活を大切にするよ。」と返事がきました。その言葉でわたしはすっと楽になることができました。
心配性4
(オン・ザ・腹)


たぶんわたしは人一倍の心配性。でもその思いを友人に話すことでいつも救われています。みんなありがとう。
スポンサーサイト

category: ふく

tb: --   cm: 4

コメント

No title

小泉今日子さん主演の「グーグーだって猫である」は観ました。
ペットロスはひしひしと伝わりましたが、映画全体では良く分からない・・・でした。
一緒に暮らしていたペットを亡くした悲しみは、一生癒えることは無いんですよね。
本当に今の子たちとの生活を大事にしたいですe-454

Noel's mom #- | URL
2012/05/01 10:45 | edit

Noel's mom さま

キョンキョンさんの映画はステキでしたが、まんがとはちょっと違う雰囲気でしたね。

ペットを亡くした悲しみは一生癒えないけれど、Noel's mom さんのようにその悲しみを理解してくれる人がいることもまた救いに通じると思います。ありがとうございます。

コメントを下さった時間から察するにもしかしてあこがれの大型連休でしょうか?

ふく母 #K8zOhDKc | URL
2012/05/01 16:24 | edit

No title

その日は必ずくるのだと、心の準備だけはしておきましょう。
共に過ごせたことに感謝して送ってあげましょうよ。
それまでは片隅において、今を大切にするだけです。
2度も止まらない涙と淋しさを経験したけど、共に生きることを選択しているわたしです。
そうすることで癒されているのだと思います。
だから新しい出会いがあるのではないでしょうか。

rikimiki #KLtzAfy. | URL
2012/05/02 19:39 | edit

rikimiki さま

いつもパニクッったわたしの心を落ち着けてくれてありがとう。「心の準備」とても大切だと思いました。

でも、なにしろあの師匠の弟子なので、もがき苦しんで、だだこねて、やっと受け入れていくかも!?です。そのときはまたよろしくおねがいします。エヘ!

ふく母 #K8zOhDKc | URL
2012/05/04 02:09 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ